美しい胸

バストを大きくする

「バストを大きくしたい」そう願っている女性は多いと思います。美しい女性の条件としても、胸が大きいこと、美しいことは上位に位置づけられるものなのです。
人によっては「大きくない」ということがちょっとしたコンプレックスになってしまうという人もいるでしょう。「そのせいで恋もできないわ」という気持ちになっている人も。
そんな人は、美容外科クリニックの豊胸手術について知ってみると、いいかもしれません。

美容外科の豊胸手術は、たとえばエステサロンで行われるバストアップのための施術とは根本的にやり方が違います。
エステサロンでも胸を大きくすべく施術を行うところがありますが、そこで行われるのは、たとえばマッサージ。体の上半身についている脂肪分が胸に集まるという自然な流れを作り出せるよう、マッサージを行うというものなのです。
それとは逆に、美容外科クリニックでは実際に物理的に、体を開いて胸を大きくするという手術が、一般的な方法となっています。実際にボインな胸をすぐに手に入れたいと思うならば、美容外科クリニックに行ったほうが良いといえるでしょう。

3つの方法

美容外科で行われる豊胸手術の方法は、大きく分けて2つ。そこにプチ整形的な方法がもうひとつあるということで、都合計3つの方法から選ぶことが出来るようになっています。
ひとつ目の方法として挙げることが出来るのは、脂肪をバストに注入するという方法。実際、バストというのは脂肪がゆたかに含まれていることで出来ているものですから、このやり方は理にかなっています。
中で自然につかないのであれば、外側から入れようというわけなのです。
このとき、自分の、たとえば下腹とか太ももとか、そういった「気になる脂肪」を取ってもらって、それを使ってもらうということも出来ます。自分で自分の脂肪を使うのですから、安全性もきわめて高いものといえるでしょう。
2つ目の方法は、脂肪ではなく人工的にバストの内容物のような柔らかな物質を持ってきて入れるという方法です。形の良いバストを作りたいならこれが適していますが、人によってはシリコン製で出来た人工の内容物が、体に合わないということがあるようです。

また、最近美容外科で流行りの「プチ整形」の一環として行われているのが、ヒアルロン酸を駐車して大きくするという方法です。
劇的に微乳を巨乳にするというわけにはいきませんし、ある程度の時間が経つとヒアルロン酸は体内に吸収されてしまうので、ずーっと続く大きなバストがほしいと思っている人は、上2つのどちらかを選ぶべきだと言えるでしょう。

Copyright(c) 2015 あなたが望むキレイをくれる美容外科について. All Rights Reserved. Design by Cloud template